Tohgo, Shimamura and Fujii Group

授業案内

機械工学科

機械材料T

担当教員:早川・藤井

機械材料として最も重要な金属材料の基礎,続いて金属材料の中で最も代表的な鉄鋼材料の基礎を学習する.金属材料の基礎としては,結晶構造,機械的性質と塑性変形,再結晶,二元合金状態図,強化機構などを学習し,鉄鋼材料の基礎としては,炭素鋼の状態図と標準組織,機械的性質などを学習する.

材料力学U

担当教員:島村

材料力学Tにひきつづき、組合せ応力、ひずみエネルギー、座屈、材料の強さと破壊について理解を深めるとともに、それらを応用する力を養成する。

材料強度学

担当教員:東郷・坂井田・藤井

各種の機械・構造物は,壊れないように出来ていてはじめてその機能を発揮する.機械・構造物を安全に設計し,保守することは機械技術者として極めて重要である.この講義では以上の観点から,機械材料(金属材料,プラスチック,セラミック,複合材料など)の変形・破壊挙動を解説するとともに,その工学的評価手法を体系的に説明する.

弾性力学

担当教員:島村

弾性力学は、材料力学の基礎知識をベースに、固体の応力や変形を正確に求めるための学問である。そのため弾性力学の講義において、応力と変形を求めるための基礎方程式の導出から、実用上重要ないくつか問題に対する理論解の導出までを通して行なうことで、その理論体系を学習する。さらに、弾性力学に基づいた応力や変形の数値解析手法(有限要素法)についての基礎理論を習得する。

修士課程機械工学コース

複合材料工学

担当教員:東郷・島村・藤井

一般の機械材料の変形・破壊挙動および強度評価法を解説するとともに,複合材料の力学モデル,分散系複合材料,積層複合材料について講義する.

博士課程環境エネルギーコース

生産システム論

担当教員:早川・島村

環境適合性のある高性能・高精度かつリサイクル性の高い工業製品を創造するためには何をなすべきかについて,「先進機械材料」,「塑性加工」,「材料強度」など、様々な立場から検討し、生産システムに関して総合的に学ぶ。

Copyright © 2005-2015 Tohgo, Shimamura and Fujii Group, All Rights Reserved.